住宅ローンの返済が困難になった時は?競売を回避する方法の一つである任意売却について紹介

競売で家を手放す場合は、多くのデメリットがあることを理解しておきましょう。
住宅ローンの返済が厳しくなっても、よりよい条件で家を手放す方法はあります。
最近は任意売却という方法を選ぶ人も増えてきました。
債権者に相談する必要はありますが、自分の意思で売却できるのが大きな違いです。
少しでも良い価格で売りたい人や住宅ローンを滞納していることを他人に知られたくない人は検討してみましょう。
スムーズに進めていくには、信頼できる業者を選ぶことも大切です。

住宅ローンの返済が困難になった時は?競売を回避する方法の一つである任意売却について紹介

住宅ローンの返済が困難になった場合は競売で家を処分するという方法もありますが、競売になると市場価格よりもかなり安い金額になります。
家を手放しても多くの残債を支払うことになりますし、近隣に知られてしまうので精神的な負担を感じる人もいます。
より良い条件で家を手放すなら任意売却も考えてみましょう。
債権者の同意を得る必要はありますが、市場価格に近い金額で売却できるので残債もより少なくなります。
さらに、任意売却は一般的な不動産売買のように進めていくことができるので、周囲に知られにくいこともメリットです。
残債は分割返済できますし、身内や投資家に買い取ってもらい家賃を支払えば済み続けることも可能です。

任意売却とは住宅ローン返済のための最後の手段

住宅ローンは返済計画にしたがって毎月一定額を支払う必要があります。
ところが失業や病気などをきっかけに住宅ローンの支払が延滞してしまうことがあります。
こうなると一般的には三ヶ月程度で保所会社が代位弁済し、残債務の一括請求をうけることになります。
支払延滞するような状況では、一括返済など望むべくもないので最終的には裁判所の関与の元抵当権に基づく担保不動産競売にかけられることになるのです。
このような場面で検討すべきなのは、任意売却です。
任意売却とは金融機関と話し合いをして、担保対象不動産を市場価格で売却して売却代金を住宅ローンに充当するというものです。
競売では相場よりも相当安い価格でせり売りにかけられるので、結局残債務が残るばかりかマイホームも喪失することになります。
これに引き換え任意売却では、売買代金で残ローンの完済を行うので、少なくとも住宅ローンの負担からは開放されることになります。
この意味で任意売却とは、住宅ローン問題解決の最期の手段といえるわけです。

不動産を任意売却で処分する場合の売却相場は

任意売却で不動産を処分する場合の相場は、市場価格の8割から9割ほどです。
競売の場合は、市場価格の6割から7割ほどが相場と言われているので、競売よりも高く売却できることになります。
例えば、市場価格が2,000万円の物件を売却する場合、競売では1,200万円から1,400万円ほどでしか売れませんが、任意売却であれば1,600万円から1,800万円で売れることになります。
また、住宅ローンの残高が2,500万円だった場合、競売では1,100万円から1,300万円ほどが残ってしまい、売却後にどのように返済していくのかを自身で借入先と交渉しなければなりません。
一方で、任意売却の場合は700万円から900万円ほどしか残らないので、月々1万円から2万円ほどの支払いで済む可能性が高く、無理なく返済していくことが可能です。
このように、任意売却は競売よりも高く売れるとともに、売却後に住宅ローンが残った場合の返済にも大きな差が生まれるので、住宅ローンの返済が滞ったら早めに専門の業者に相談することをおすすめします。

任意売却でローンを完済することのメリットは

任意売却でローンを完済することで得られるメリットとしては、周囲に事情を知られずに完済できることが挙げられます。
任意売却の場合には、一般的な不動産売却と同じような販売活動を行うことになります。
周囲に住宅ローンの滞納がばれることなく、自宅を売却することができるのです。
このようなことから近所や知人などには、自宅が高く売れるので売却したなどの説明でごまかすことが可能です。
万が一滞納への対処が遅れ競売が始まっても、任意売却に関する合意を得た上で競売を取り下げることも可能です。
そして場合によっては現在の家に住み続けることができる可能性も残されています。
病気で引っ越しが難しいなどの理由で、引き続き暮らしたいと願う人も多いことでしょう。
任意売却は通常の不動産と同じように購入者を選ぶことができ、身内や投資家に自宅を買い取ってもらい、家賃を支払うことでそのまま自宅に住み続ける方法をとることも可能です。
どうしても引っ越しをしなければならない状態になっても、購入者と引っ越し時期について交渉できるので、1ヵ月程度の時間をかけて引っ越し先を見つけることもできます。

任意売却を行うことにより発生するデメリットとは

競売よりも高値で売却できることもあり、住宅ローンを支払えなくなった場合も任意売却で対応する人が増えています。
任意で売ることになるので、プライバシーも守りやすく強制的な執行もありません。
場合によっては引っ越し代も出してもらえることもあります。
とはいえ、任意売却もメリットだけではなくデメリットもあるのでそのことも理解しておきましょう。
まず、マイホームは失うことになりますし、しかもこの手続きは勝手に進めていくことはできません。
債権者である銀行の承諾が必要です。
そして、タイムリミットを過ぎると競売にかけられることになるので、早く買い主を見つける必要もあります。
それから、家を売却してもまだ残債がある場合は、ローンを支払い続けることになることも理解しておきましょう。
住宅ローンを滞納したという事実は残ることになるので、信用情報に傷がつくことになります。
連帯保証人がいる場合は、その人にも迷惑がかかるということも理解しておきたいところです。

任意売却に関する情報サイト
競売を回避する方法の一つである任意売却について

競売で家を手放す場合は、多くのデメリットがあることを理解しておきましょう。住宅ローンの返済が厳しくなっても、よりよい条件で家を手放す方法はあります。最近は任意売却という方法を選ぶ人も増えてきました。債権者に相談する必要はありますが、自分の意思で売却できるのが大きな違いです。少しでも良い価格で売りたい人や住宅ローンを滞納していることを他人に知られたくない人は検討してみましょう。スムーズに進めていくには、信頼できる業者を選ぶことも大切です。

Search